BH AUCTION

1981 Lotus 88B

1981 Lotus 88B

  • ◎モノコックの上に可動式カウルを被せたツインシャシー構造を採用
  • ◎1981年当時は画期的だったカーボンモノコックを採用
  • ◎生産台数は僅かに2台のみ
  • ◎レギュレーション問題によりF1公式レースには投入されなかった幻のマシン
  • ◎ヒストリックモナコの勝者としても知られるClassic Team Lotus Japanの久保田克昭のコレクションカー
  • ◎エンジンはフォード製DFVを搭載
  • ◎シャシーNo.は88B/2(プライマリーシャシー)/87/2(セカンダリーシャシー)
  • ◎Ready to Race コンディション

ロータス88Bは1981年のF1世界選手権に 向けチーム・ロータスが開発したF1マシン。 ユニークなツインシャシー構造を持っていた が、一度も本戦に出走することなく姿を消し た、幻のF1マシンでもある。 1958年のF1参戦以来、コーリン・チャッ プマン率いるチーム・ロータスは様々な新機 軸をF1界にもたらしたが、中でも衝撃的だっ たのがサイドパネルを路面と密着させたサイ ドポンツーンの下面を逆翼状のベンチュリー 構造とすることでダウンフォースを発生する 1977年発表のグラウンドエフェクトカー、ロ ータス78であった。 以後、グラウンドエフェクトカーはF1のト レンドとなり、全コンストラクターが追従す ることとなるが、それまでとは桁違いのダウ ンフォース発生量に伴うシャシー剛性や、路 面の凹凸などでダウンフォース量が変化した 際に車体のピッチングが激しくなるポーポイ ジングなどの問題が表面化してきた。その対 策としてサスペンションを固め車体の姿勢変化を少なくする処置が採られたが、ドライバ ーへの肉体的負担が激しくなるという新たな 問題も発生した。そこでFISAは、最低地上高 を60mmに設定しスライディングスカートを 禁止する新たなレギュレーションを制定する など、グラウンドエフェクトカーへの締め付 けを強化していく。 こうした様々な問題を抜本的に解決するた め、チーム・ロータスは2つの新技術を開発する。 1つ目はデュポンケミカルと共同で開発し た、ノーメックスをカーボンケプラー外板でサ ンドイッチした、軽量、高剛性のカーボンモ ノコックシャシー(発表が数日遅れたためF1初 の称号はマクラーレンに譲ることとなった)。 そして2つ目がアッパーカウル、アンダー ボディ、リヤウイングからなる“プライマリ ーシャシー ”と、モノコック、タイヤ&サス ペンション、パワートレインからなる“セカ ンダリーシャシー ”をアップライト上にスプ リング/ダンパーユニットで連結したツイン シャシーである。これにより、ある一定の速度域(60km/h以上といわれる)を超えると プライマリーシャシーが沈み込み安定したダ ウンフォースを稼ぐ一方で、セカンダリーシ ャシーは、サスペンションの機能をフルに使 ったメカニカルグリップを確保することがで きる、理想的な構造が実現したのである。 しかしその存在が知られるようになると、 他チームが反発。開幕戦のロングビーチGP では車検をクリアしプラクティスに出走した ものの、抗議を受けて出走禁止。続くブラジ ルGPでも金曜のプラクティスを走っただけ で終わり、アルゼンチンGPでは車検も失格 処分となってしまった。 そこでチーム・ロータスは冷却系などの装備をプライマリーシャシーに移し合法化を図 った88Bを製作してイギリスGPにエントリ ー。車検にも合格し木曜のプラクティスを走 行するものの、またも他チームからの抗議に より出走を取り消される事態となった。 この事件を最後にチーム・ロータスはタイ プ88の開発を凍結。この時の経験が後のアク ティブ・サスペンションの実用化に繋がるの である。 今回の出品車は、当時2台のみが製作さ れた88/88Bのうちの1台で、イギリスGPで ナイジェル・マンセル用として登録された2 号車。プライマリーシャシーのナンバーは 88B/2、セカンダリーシャシーのナンバーは87/2となっている。 レース引退後、長らくチャップマン家に保管されていたが、2008年から久保田克昭の手 でFIAマスターズ・シリーズに出場。ホッケ ンハイムやモンツァなど何度も表彰台を獲得 しポテンシャルの高さを証明してみせた。 その後は日本に持ち込まれ、2012年の JAPAN LOTUS DAYなど様々なクラシックイ ベントで走行を披露しているほか、2015年の F1日本GPでは佐藤琢磨のドライブでデモラ ンを行なっている。もちろんヒストリックF1 レース出場に必要なFIA HTPペーパーを取得 しており、今もレディ toレースの状態に保た れている。

LOT NUMBER15

ESTIMATE:

COMING SOON