BH AUCTION

1978 Yamaha TZ350

1978 Yamaha TZ350

  • 未始動、未走行車
  • 42 年間ワンオーナー
  • 予備パーツも未開封状態で保存

1973 年のデビューイヤーに、世界ロードレースGP(WGP)開幕前のデイトナ200 マイルで、スズキやカワサキの2 ストローク3 気筒750cc の大パワーマシンを押さえ込み、2 ストローク2 気筒350cc のヤマハワークスがTZ350 プロト(YZ634) で1-2-3 フィニッシュを達成。
その後も、一部パーツを除いてTZ250 と共通パーツを使用しながら、前後ブレーキのディスク化、1977 年にはリアサスペンション構造をカンチレバー式のモノショックへとアップデート、1979年にはフレームの素材を鋼からクロモリに、スイングアームもアルミ合金へと変更が行われ進化を続けた。
1973 年MV アグスタが撤退したWGP の350cc クラスにおいては、ヤマハの独壇場となったこともあり、全世界のプライベーターにTZ350 は供給された。

当個体は、リアサスの構造がモノショックへと変更された後の1978 年式のTZ350 となる。
オーナーは発売時にヤマハから購入後、各部のパーツ、タイヤ、全てデリバリー時の状態を維持。
一度も始動させることなく42 年間ガレージにて保管。購入時につく、スペアパーツに至っては、木箱を開けることなく保管していたが、出品に際して内容物の確認の為に開梱。当時のパーツリストも完全な状態で残る。
完全オリジナル状態で現存する2 ストロークレーシングバイクを手にする、またとない機会になるだろう。

LOT NUMBER40

ESTIMATE:

¥1,000,000 -
¥2,000,000

Frame No. 383-996486
Engine No. R5

当個体に関するお問い合わせの際には、必ずビッダー登録をお済ませください。

ビッダー登録がお済みでない方は以下URLより規約をご確認の上、事前にご登録をお済ませください。
https://bhauction.com/download/

Sold
商談成立