株式会社BINGO

Eccentrica Japan Launch

NEWS

2024/01/30 TUE


"ECCENTRICA"は、1990年代を代表するモデルでもある、ディアブロをベースにした「レストモッド」です。

このプロジェクトは、家具業界で最大手のイタリア企業のリーダーであり、ランボルギーニのコレクターであり、Lamborghini Super TrofeoのAMドライバーであるエマヌエル・コロンビーニの情熱から生まれました。

デザインスタジオ BorromeodeSilva と一流のエンジニアや技術者らが、このプロトタイプの技術的な開発を監督しています。

プロジェクトには、Pirelli、Brembo、Marantz、Capristo、Alcantara など、世界的な優れたメーカーがパートナーとして参画し、ディアブロの情熱的な魂を昇華させる大胆なテクノロジーとデザインのアップグレードを通じて、過激なドライビング体験を提供することが可能になります。

19台の"ECCENTRICA"は、その価値が時間とともに増加することが期待されています。

これは、サンマリノ共和国に拠点を置くホモニムの最初の製品であり、"レストモッド"分野で国際的なブランドの1つになることを目指しています。

"ECCENTRICA"は、2013年のGoodwood Festival of Speedでの成功や米国でのロードショーを経て、2024年にアジアで初めて日本に上陸しました。

"ECCENTRICA"のデビューは、ディアブロという重要なモデルに敬意を表すものであり、サンマリノ共和国に拠点を置くスタートアップの最初の製品であることから、"レストモッド"分野での世界的な主体としての地位を確立しようとしています。

エマヌエル・コロンビーニは、家族経営のコロンビーニ・グループで20年以上のキャリアを持ち、2019年から同社の会長を務めています。

ランボルギーニのコレクターとしての情熱が、彼を「レストモッド会社」のアイデアの中心に導きました。

このプロジェクトの根底にある考えは、将来、ハイパー&スーパーカー市場が、これらの強力なマシンを運転する際に体験する感覚と同様に、真摯な魂を持つ製品をますます必要とするだろうということです。

"ECCENTRICAは、それが通過するエモーションが決して途切れない。

さらに、車を始動することさえ、魅力的な体験です。

エンジンの始動手順は、ビデオゲームや「トップガン」のようなカルト映画に敬意を表しながら、自動車やさらに航空界からもインスピレーションを受けた、真の儀式です。

"ECCENTRICAのプロトタイプは、スタイルのみならず厳密な技術的な開発も含む高いプロフィールのプロジェクトであり、エマヌエル・コロンビーニのビジョンを具現化するため、エンジニア、モータースポーツの専門家、レストモッドの専門家らと緊密に協力しています。

最終的な目標は、顧客に極端なドライビング体験を提供することで、超軽量材料、先進的な技術的解決策、効率的なデザインの完璧な組み合わせを通じて達成することです。

Eccentrica Press Release
back to index