BH AUCTION

1963 Jaguar E-type 3.8 Liter Competition Coupe

1963 Jaguar E-type 3.8 Liter Competition Coupe

  • ◎FIAのホモロゲーション取得済み
  • ◎そのままでクラシックレースに出場可能
  • ◎数々のレーシングモディフィケーションによる高い戦闘力

“FIAのホモロゲーションを受けたレーシングEタイプ”

美しいメタリックブルーの1963年式ジャガーEタイプ・コンペティション・クーペが入庫しました。 当車両は2007年6月にヒストリックGTレースへ出場するためのホモロゲーションを受けており、FIAの管轄するヒストリック・スポーツカーレースに参戦可能な一台です。

その特徴的なボディカラーは1956年と57年にジャガーDタイプを走らせ、2年連続でルマン24時間レースを制したスコットランドの伝説的なプライベーターチーム、エキュリー・エコッセのチームカラーである ’フラッグ・メタリックブルー’ を用いています。

ジャガーはDタイプを使用し3年連続でルマン24時間に勝利するなど、レース活動に力を入れていましたが、一転Eタイプでレースに参戦することには消極的で、その代わりプライベーターへの支援を積極的に行いました。 特に後からデビューしたフェラーリ250GTOに対抗する為に様々な進化策がとられ、それをモチーフにした数々のレーシングモデルが今も存在します。

当個体のエンジンは3.8リッターの直列6気筒DOHCで、ロードモデルにはSUキャブレターが採用されていますが、より大口径の ウェーバー45DCOEに交換されています。 増大したパワーに対して、ボディはアルミとスチールを巧みに使い分け、ウィンドウにはアクリルが使用されるなど様々な軽量化策により920kgに抑えられています。

エンジンのパワーは4速MTを介して路面に伝えられます。 フロント15” x 7J、リア15” x 7.5Jのホイールに組み合わされるのはダンロップのレーシングタイヤでフロントが5.50 M-15、リアは6.00 M-15というサイズ。 ちなみにジャガーDタイプは4輪ディスクブレーキを採用した初めての車ですが、このEタイプも当時としては強力なダンロップ製ディスクブレーキを採用しており、フロント径が292mm、リアは254mmとなっています。

上記のように、この車両はそのままクラシックレースに参加できるよう、数々のレース用モディファイが施され高い戦闘力を備えています。 FIAのホモロゲーション書類が揃っており、FIA管轄下のレースに参戦するのに何の心配もいりません。 そしてこのクラシックなシェイプを備えたフラッグ・メタリックブルーのクーペは、ガレージで一人眺めても美しいのは間違いありませんが、サーキットを疾走する姿はより一層映えることでしょう。

PRICE:

POA

ChassisNo. 26458