株式会社BINGO

2021/07/05 MON - 2021/07/11 SUN

:

Collection Car Auction - Collection No.2 -

NISSAN SILVIA (S15)

  • D1グランプリ出場用に2015年製作
  • SR20 NAエンジンをベースに2.1Lにボアアップにターボ化
  • ボディ補強を含め、オールリフレッシュ済み
  • リフレッシュ時にメーター交換
  • オドメーターは、208kmを表示

1999年に7代目として登場したシルビア“S15”は、先代のS14からダウンサイジングされた5ナンバーサイズのボディーに、S13後期以来伝統のSR系エンジンを搭載。
NAのspec.Sと、ターボのspec.Rをベースにオーテックバージョンや、電動メタルルーフのオープンカー「ヴァリエッタ」などが発売されるも、2002年、平成12年排ガス規制の影響を受け生産は終了。
販売期間は、3年11ヶ月と歴代モデルの中では最も短いですが、現在も尚、D1などの舞台では一戦を戦い続けているモデルとなります。

当個体も、当時(2015年)のD1出場を念頭に入れ製作された1台となりますが、現在の規定では、FDJ2、D1 LIGHTSへの参戦が見込めるモディファイ車となります。
ベース車両は、H28年の最終取得時に247,200kmを刻み、グレード情報を日産のホームページで調べると、オーテックバージョンをベースに製作された個体であることは判りますが、外観、内装共にオーテックバージョンだった当時の状態は残ってはいません。
リフトアップすると伺える、アイシンAI(現:アイシン)製のトランスミッションケースが唯一、オーテックバージョンだったことを感じさせる車体です。

モディファイに関しての詳細は、現オーナーも全てを把握し切れていませんが、その内容が多岐にわたることは一目瞭然です。
ワイズスクエアのフルワイドボディーキット、ロールケージを装着し、足回りを交換後、構造変更登録もされています。
NAベースのRS20 直列4気筒 NA 2Lエンジンをベースに2.1Lへとボアアップしターボ化されたエンジンは、ベンチマークで402psを記録、トルクは46.8kg/mを発生させます。
エンジン搭載後にNISMO製のメーターへ交換されており、オドメーターは208kmを表示しています。
ボディに関しても、スポット増しや、3Mパネルボンドで補強後、ランボルギーニーのメタリックオレンジをベースに塗装。
内反に関してはメタリック抜きのオレンジで塗装するなど、細部まで抜かりなく仕上げられた一台となる。

*当時、ナンバーを取得し現在は、一時抹消状態にある車体となるが、あくまでもドリフト競技用のベース車両としての出品となります。

付属書類 / 付属品

・登録識別情報等通知書(一時抹消)
・改造概要等説明書
・改造概要等説明書
・エンジン出力テスト結果表

・キー 2本

車輌下回りや書類、付属品等の詳細画像

https://drive.google.com/drive/folders/1lFU53nz6hKclVjjaF0R8gfUpq9qL_GmQ?usp=sharing

入札に際して

当個体は、ヤフオク!への出品車両となります。
入札には以下リンクより、会員登録をお済ませください。

https://auc-cssec-userform.yahoo.co.jp/identify/campaign/top

Chassis No. S15025128
Odometer : 208km
※運送等により、走行距離が1km増える場合がございます。