BH AUCTION

2019/07/27 SAT

:

SUZUKA 8 HOURS 2019 AUCTION

1982 HONDA RS1000 Racer

1982 HONDA RS1000 Racer

  • - 世界耐久選手権で活躍した名レーサー
  • - TT-F1規格のロードレースでも活躍
  • - 1981年の鈴鹿8耐で同型車が優勝
  • - 当個体は最終年式の1982年製
  • - 車体はワークス製で左ステップ部にプレート外し跡あり
  • - エンジンはプライベーター用のRSCキットを搭載

1979年の鈴鹿8耐で使用されたホンダCB900Fベースの耐久レーサーは、「CB900F改」と呼ばれるなどしていたが、1980年型から正式名称として、「RS1000」が使われることになった。HRCの前身であるRSCからキットパーツ、または、コンプリートとして販売されたRS1000は、ファクトリーとプライベーターの手によって、世界耐久選手権で活躍することとなる。

エンジンは空冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ999.36ccと、規定いっぱいにまで排気量を確保。公表された最高出力は130ps以上/9,500rpm、最大トルクは10kgm/7,500rpm(1981年型)となるが、最終的には135ps/11,500rpmまでチューンされていたと言われる。

スーパーバイクレギュレーションより車体の改造の自由度が高かった、TT-F1規定で作られたRS1000は、CB900F同様ダブルクレードル式のフレームを採用するが、RS1000用はクロモリ鋼製となり、形状もCB900F用とは異なる。フロントフォークのアクスルホルダーはタイヤ交換に有利なクイック式で、リヤスイングアームはアルミ合金製。乾燥重量は、量産車のCB900Fよりも67kgも軽い165kgとなる。

RS1000は耐久レースだけでなく、当時のTT-F1規格のロードレースでも活躍している。1981年の鈴鹿8耐では、マイク・ボールドウィン/デビッド・アルダナ組が見事優勝を飾り、日本のファンを大いに沸かせた。洗練された直列4気筒エンジンをむき出しに搭載したそのフォルムは、今日に至るまで、耐久ファンの間で絶大な人気を博している。

有力チーム向けのコンプリート車、プライベーター向けのキットパーツなど、さまざまな形でデリバリーされ、世界中のレースシーンで活躍したRS1000。当個体は最終年式の1982年製で、車体はワークス(左ステップ部にプレート外し跡あり)、エンジンはRSCキットとなる。まさに、ファン垂涎のコレクタブルな1台、と言えるだろう。

LOT NUMBER15

SOLD FOR:

¥9,632,000

Engine No. 1008205