BH AUCTION

2020/01/10 FRI

:

SUPER GT AUCTION - TAS

1987 LM07 Toyota / Gr.C

1987 LM07 Toyota / Gr.C

  • 日本のルマンガレージが製作したグループCカー“LM05C”の最終進化形
  • エンジンはトヨタ製の3S-G型(2.1ℓ 直列4気筒ターボ)を搭載
  • 1987年の富士1000km レース、鈴鹿1000kmレースで共に7位完走
  • 日本のスペシャリストの手で完璧なレストレーションが施されたばかりの1台

LM07トヨタは、日本のルマンガレージが 1987年に製作したグループCマシンだ。一般 的にはあまり知られていないこのグループC マシンの素性を解き明かすためには、まずそ の誕生の背景を説明する必要がある。

1982年からグループCが新たに施行され、 10月には富士スピードウェイで日本での久々 の世界選手権となるWECジャパンが開催され ると、日本のコンストラクターの間に国産グ ループCマシンを製作しようという機運が盛 り上がる。その中のひとつが、レーシングカ ーや部品の輸入、販売などを行っていたルマ ン商会のコンストラクター部門であるルマン ガレージだった。

こうして1983年7月の富士1000kmで柳田 春人/冨岡弘司のドライブでデビューを果た したのがLM03Cだ。GC/F2兼用マシンのサン ダー LM-39、1982年のキャラミ9時間耐久用 に製作されたスカイライン・ターボCに次ぐ 同社の3作目の作品として名付けられたLM- 03Cは、ポルシェ 956を意識したと思われる サイドラジエター方式のデザインを採用した グループCマシンで、シャシーはシングルス キンのアルミ・ツインチューブ・モノコック とリヤ鋼管サブフレームの組み合わせ。

エン ジンは日産LZ20B型2089cc直4ターボを搭載 し、レースでのエントリー車名はフェアレデ ィ Z・Cと呼ばれた。 しかしながらシャシーの剛性不足やエンジ ンのパワー不足、熟成不足に悩まされ成績は 低迷。翌84年には改良が施されたLM04Cが3 台製作され、柳田率いるセントラル20レーシ ングと、長谷見昌弘率いるハセミモータース ポーツに供給され、長谷見/都平健二組が全 日本富士1000kmで4位入賞を果たしている。 1985年、ルマンガレージはこの年から施行 された新しい安全規定に適合したLM05Cを 開発する。

その基本コンセプトこそLM03C、 04Cを踏襲していたが、モノコックはフット ボックスなどを安全基準に対応させたうえ、 一部にアルミハニカムが使用して剛性を強 化。ボディデザインが一新されたうえ、ベン チュリー構造のアンダーフロアも、ポルシェ ハンプと呼ばれる凹みを前方に移動するなど 空力面での改良も施された。

一方エンジンは 2341ccの日産FJ23直4・4バルブターボを搭 載。ボディ右側にラジエターとオイルクーラ ー、左側にインタークーラーがマウントされ ていた。 7月の富士500マイルでチームルマンから デビューしたLM05C(当時は日産ターボCと 呼ばれた)は、雨に祟られたWECジャパン で23番グリッドからスタートした中子修 /森 本晃生/エマニュエル・ピロ組が、日本人& 日本車WEC初優勝を遂げた星野一義のマーチ 85C日産に次ぐ2位入賞という大金星を挙げ ている。

翌86年に日産から供給されるエンジンが パワフルなVG30型3リッター V6ターボに移 行するのに伴い、チームルマンはシャシーを マーチに変更することに決定するが、小排気 量エンジンとのバランスのいいLM05Cを活 かすために、2090ccのトヨタ4T-GT改直4タ ーボを搭載するLM06Cを開発。CARAのスポ ンサードのもと、森本晃生/フランツ・コン ラッドのコンビで全日本耐久選手権、そして WECイン・ジャパンに出場するも、全日本富 士500kmレースの10位が最高位と不本意なシ ーズンに終わってしまった。

そのLM06Cに ト ヨ タ 製2140cc直4・ 3S-G ターボを搭載したのが、このLM07 Toyotaで ある。シャシーやボディは基本的にLM05Cか ら変わっていないものの、OLIO FIATのス ポンサードを受けた中子修 /マウリシオ・サ ンドロ・サーラ組はしばしば好走をみせ、開 幕戦の全日本富士1000kmで7位完走。富士 500マイル・レースで10位、インターナショ ナル鈴鹿1000kmでも7位という成績を残して いる。 現車は1987年に1台だけ制作されたLM07 Toyotaで、運よく生き延びていたものを日本 のスペシャリストがランニングコンディショ ンでレストアしたものだ。但し仕上がったば かりゆえ、シェイクダウンと各部のセットア ップが必要となる。

LOT NUMBER5

SOLD FOR:

¥35,200,000