BH AUCTION

2020/01/11 SAT - 2020/01/12 SUN

:

TOKYO Terrada | January

1963 Ferrari 250GTE 2+2 Series 3

1963 Ferrari 250GTE 2+2 Series 3

  • 量産フェラーリ初となる2+2モデル
  • 生産台数は955台
  • 250GTOと共通の“Tipo 128E”(ディチューン版)を搭載
  • 1963年式の最終型シリーズ3モデル

ヴィンテージ・フェラーリの中でも歴史的 傑作として人気、価値共に非常に高い250GT シリーズ。250GTツールドフランス、250GT SWB、250GT RUSSO、250GTカリフォルニ アスパイダーといった名作が揃うが、中でも 伝説のレースマシンとして天文学的な価格で 取引されているのが250GTOである。

250GTEはその伝説のマシンと共通の 2,953ccのV型12気筒エンジン(Tipo 128Eの 圧縮比を落としてディチューン)を搭載した 250GTシリーズ唯一の2+2として企画され、1960年から1963年の4年間で955台が生産 された。

当個体は1963年式のシリーズ3でボディカ ラーはロッソ、インテリアはクリームレザーと いう組み合わせ。走行距離は6万9000kmで全 体的に良好なコンディションが保たれている。

250GTシリーズはヴィンテージカー・マー ケットの中でも非常に高価な相場を維持する 人気銘柄だが、250GTEは純粋なスポーツカ ーとして捉えると2+2というパッケージは些 か評価が低く、その分だけ他の250GTシリーズよりも常識的な価格で取引されている。と は い え250GT SWBや250GTOと 基 本 は 同 じ だけに、精巧なレプリカのベースとして使用 されることも多く、その現存台数は年々減少 傾向にある。

量産フェラーリ初の2+2であり、何よりエ レガントに名機Tipo 128Eを楽しめるという 意味でも、250GTEは通な大人にこそふさわ しい1台と言えるだろう。

LOT NUMBER3

SOLD FOR:

¥45,100,000

Chassis No. FERRARI250GTE4517
Mileage 69,300km